ボクシング グローブのオンスとは?おすすめの重さはどのくらい?




■このブログは2018年8月10日に書きました。

こんにちは!
そばねこです。

このブログは、
元プロボクサー・現在デザイナーである、ソバネコがボクシングについて書いた記事です。

今回は、ボクシンググローブの重さや仕様について書いています。

前回ボクシンググローブでおすすめなメーカーは?という記事を書きましたが、今回はグローブの重さについてになります。

グローブのオンスって?

ボクシンググローブは重さによって、様々な種類があります。
重さの表記は日本のg(グラム)でなく
オンス(oz)で表します。

1オンスはgにすると28.3495g、約28g。
約28gで計算すれば問題ないかと思います。

そして、グローブは重さに種類があり、8 / 10 / 12 / 14 / 16までの5つあります。

8オンス 約227g
10オンス 約283g
12オンス 約340g
14オンス 約397g
16オンス 約454g

ちなみに、これはグローブ片方分の重さなので、両手だと2倍ですね。




試合用グローブは階級で重さが違う

なぜグローブは重さに種類があるんでしょうか?

これは、ボクシングが階級制の競技ためです。1番軽いミニマム級と1番重いヘビー級の選手とでは体格がまるで違いますよね。

仮に、8オンスのグローブを全階級の選手が着用したとすると、
軽量級の選手には適正ですが、重量級の選手にはグローブが軽すぎて、パンチの衝撃が大きく危険性が高まります。

(グローブは大きいオンスになるほど中の詰め物の量が増え、パンチを打った時の衝撃が和らぎます。)

そこで、階級別にグローブの重さを変えることがルールで決められているんです。

国内の試合での男子プロボクサーの場合

ミニマム級 8オンス
ライト・フライ級 8オンス
フライ級 8オンス
スーパー・フライ級 8オンス
バンタム級 8オンス
スーパー・バンタム級 8オンス
フェザー級 8オンス
スーパー・フェザー級 8オンス
ライト級 8オンス
スーパー・ライト級 8オンス
ウエルター級 10オンス
スーパー・ウエルター級 10オンス
ミドル級 10オンス
スーパー・ミドル級 10オンス
ライト・ヘビー級 10オンス
クルーザー級 10オンス
ヘビー級 10オンス

軽〜中量級までは8オンス、中重量級以上は10オンスといったルールですね。

■ ボクシングの階級と体重についてはこちら!

ボクシングの階級と体重一覧!1階級落とすのってどのくらい大変?

2018.07.07




練習の時はどんなグローブを使う?

試合のグローブは階級によって重さが違うと書きましたが、練習時のグローブはどれを使えばいいのでしょうか?

スパーリング時のグローブ

実践練習のスパーリングは、
選手同士がガチで殴り合うため、12~14オンスぐらいの重いグローブを使います。

※僕のジムでは選手の安全性を考慮して14オンスでした。

また、日本チャンピオンクラスやA級ライセンスの人たち、つまり強者同士のスパーだと、14オンスなどぬるいことは許されません。笑
より試合に近い10オンスでやりますね。

でもこれは、お互いに技術がある者同士だから出来るので、初心者の人にはジム側から許可が出ません。

練習時のグローブ

これは、はっきりとルールはないですが、
8~10オンスぐらいのグローブ

を使っておけば問題ないと思います。

12オンスより大きくなるとグローブ自体が重くなりトレーニングになりますが、
パンチを打った時の感触がわかりずらくなり、あまりおすすめはしません。

8オンスと14オンスの差はどのくらい?

通常練習は8オンス、スパーリングでは14オンスのグローブを使うと書きましたが、重さによって結構動きに影響が出ます。泣

8オンス 約227g(両手で約454g)
14オンス 約397g(両手で約794g)

8オンスと14オンスでは、その差約170g(両手で340g)の違いです。
なーんだ。たった340gか!と思うじゃないですか!これが全然違うんです!泣

340gって大体缶ビール1本分ですよね。

体に疲労がない時はたいしたことないんですが、
ラウンドを重ねて疲れてくると、鉛のように重くなるんです。

たかが340g、されど340gといったところでしょうか。笑

■ 他のボクシング用具についてはこちら!

ボクシングシューズの定番は?おすすめを紹介

2018.09.02

ボクシンググローブでおすすめなメーカーは?

2018.07.31

まとめ

今回は、ボクシンググローブの重さや仕様について書きました。

いかがでしたでしょうか?
プロボクシングの世界を少しでも知ってもらえたら嬉しいです^ ^




■その他のボクシング関連記事はこちら!

ボクシングジム選びで迷っている人向け!国内大手ジムを紹介!

2018.09.30

おやじファイトって何?30過ぎのボクシング大会

2018.09.03

ボクシングシューズの定番は?おすすめを紹介

2018.09.02

プロボクサーの休みっていつあるの?

2018.08.29

ボクシングでマウスピースが必要なワケ

2018.08.28

ボクシング初心者必見!練習にはこれを持っていけばOK!

2018.08.21

ボクサーとアルコールの関係 頭を打たれたらお酒は絶対ダメ!

2018.08.20

ボクサーに向いている?オルソケラトロジーを使った時の体験談

2018.08.18

ボクシングは目が悪くても出来るの?視力回復はオルソケラトロジーが有効!

2018.08.17

ボクシング グローブのオンスとは?おすすめの重さはどのくらい?

2018.08.10

ボクサーにバカな人が多いと思われるワケ

2018.08.08

ボクシング センスが無いと思った時の考え方

2018.08.06

ボクシングでセンスがある人ってどんな人?

2018.08.04

ボクシングのチャンピオンに挑戦する方法って?

2018.08.02

図解で簡単!ボクシングタイトルマッチの種類を解説!

2018.08.01

ボクシンググローブでおすすめなメーカーは?

2018.07.31

これでスッキリ!ボクシングの試合の基本ルールと採点基準を解説!

2018.07.26

ボクシングを始めるのに良い年齢は?

2018.07.25

ボクシングジムに入会する方法は?ジム選びは意外と重要!?

2018.07.20

ボクシング プロボクサーの仕事と収入ってどのくらい?

2018.07.18

ボクシングトレーニングメニューを公開!練習時間は以外と短い?

2018.07.14

プロボクシング ライセンスの更新と概要

2018.07.12

ボクシングのプロテストの内容公開!実際に受けるにはどうすれば?

2018.07.10

ボクシングの階級と体重一覧!1階級落とすのってどのくらい大変?

2018.07.07

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です