デザイナーの転職 最適な転職時期がない理由




■このブログは2019年11月14日に書きました。

こんにちは!
ソバネコです。

このブログは、
元プロボクサーで現在デザイナーである、ソバネコがデザイナーの転職について赤裸々に書いたブログです。

今回はデザイナーの最適な転職時期はいつなのか?ついて書いています。

このブログはかなりニッチです。

転職市場で35歳という賞味期限が切れかけの立場でありながら、果敢に転職をしてゴールを決めた僕の実体験を記事にしています。

使った転職サイトの良い部分と悪い部分を伝え、リアルな転職事情を知り参考にしてもらえればと思います。

なぜこんな記事を書くのか?

僕と同じように業界にいながら年齢やキャリアに不安があり、転職したいけど出来ない人がいるんじゃないかと思ったから。

実体験からくる一次情報を知ることで事前に情報に触れてもらい、転職する時の対策に役立ててもらえれば嬉しいです。

デザイナーの転職に最適な時期

社会人の転職時期は、4月の春入社と10月の秋入社の年2回あるというのが通説ですよね。4月入社を狙うならは2~3月、10月入社を狙うなら8~9月辺りが一番活発になります。

なぜこの時期に集中するのかは企業側の都合が最大の理由ですが、今の中小企業はどこも人足らずです。これはあくまで大企業や中堅企業の場合だと思います。

デザイン職は大手広告代理店でない限り、ほとんどが中小企業や零細企業なので必ずしもこの通説には当てはまりません。

異業種からの転職でメリットになる部分

自分が転職中に探した企業は基本的にほぼ中小企業でした。(大企業は4年生大学卒業ではないので選考時点ほぼダメ)
なので、大手広告代理店のデザイン室や大企業のデザイン部へ転職を考えている人には今回のブログの内容は合わなかも知れません。

ちなみにここでいう中小企業とは社員数300名以下の会社のこと。

■自分が転職した時の状況はこちら

転職をスタートした時期 10月~
転職が成功した時期 12月頃

世に言う最適な転職時期とは大きくかけ離れてます。
この経験からデザイナー職での転職時期を解説したいと思います。

中小企業はどこも人足らず

今の中小企業はどこも人足らずです。

そのため、通年採用している企業は珍しくありません。

また、12月は忘年会や仕事がたて込むため採用を控える企業が多いイメージを持つと思いますが、僕が転職が決まったのは12月。

利用していた転職エージェントの人にも聞いたところ、デザイン業界はけっこう12月のギリギリまで採用をしている企業は多いんだとか。年末で忙しいことより、採用したい!と思う人材と巡り合うまで粘りたいと考えるそうです。

デザイン業界だけに言えることなのかもですが、転職時期はそこまで意識しなくてもいいと思います。

むしろ30代は会ってみようとなる

このブログで結構声を高くして言ってますが、人手不足の企業では30代が特に足りていません。

そんな状況なので、キャリアがある30代で会社にポストが空いている状況ならまずは会ってみよう!と前向きな状況になりやすいと思います。

ここで重要なのは、あくまで年齢に見合うキャリアがあること。

デザイナーとして評価されるのは学歴よりも

・どんな作品を作ってきたか?

・どんなことができるか?

なので、それを端的に表現するポートフォリオが鍵になるんじゃないでしょうか。

こんな内容で書いてみましたが、自分がした転職活動した経験から

デザイナーが転職する際には、転職時期は特に気にしなくて良いと思います。

無理に世の中の転職時期である4月と10月に標準を合わせるのではなく、自分が転職したい!と思ったら時期に関係なくまずは密かに活動してみることをオススメしますよ!

まとめ

今回はデザイナーの最適な転職時期はいつなのか?ついて書きました。

いかがでしたでしょうか?
これから年末に向けてどの企業も忙しくなってきますが、転職活動中の人は来年に回さずにあと一押ししてみるのもアリだと思いますよ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です