ボクシング 試合のラウンドとボクサーのランクの基準とは?




■このブログは2019年10月28日に書きました。

こんにちは!
ソバネコです。

このブログは、
元プロボクサーで現在デザイナーである、ソバネコがボクシングについて書いたブログです。

今回は、ボクシングのラウンド制とボクサーのランク、そしてどうやったら上のレベルに上がれるか?などについて書いています。

ボクシングのラウンドって?

日本のプロボクサーは実力によってランク分けされます。
よくボクサーを呼ぶときに「4回戦ボクサー」や「A級ボクサー」などと呼ぶのを聞いたことがありませんか?

日本プロボクシングは、ボクサーのレベルを階級ごとに分けており、一定以上の勝ち星を重ねると次のレベルへ進めるようになっているんです。

このようにしているのは、同じぐらいの力を持った選手同士が戦うことで競技の公平性を保つため。

一般的にボクサーはプロテストを受けて合格すると最も下の階級の「C級ランクの4回戦ボクサー」になり、そこから勝ち星を挙げて上のランクに上がっていきます。

4回戦ボクサー

基本的に、プロテストに受かったらまずこのランクの「4回戦」になります。

別名をC級と呼びます。

なぜ「4回戦」と呼ぶかについては、試合のラウンド数が全部で4ラウンドだから。同様に、6回戦は6ラウンド、8回戦は8ラウンドになります。 ここで、4勝すると次の「6回戦」に昇格できます。

勝ち星の計算方法は、

勝ち 1勝
引き分け 0.5勝

こんな感じ。

ポイントなのは、4回戦の中でいくら負けても4勝さえ上げれば昇格できること。

例えば、3勝3敗2分の選手がいたとします。この選手は何回戦ボクサーかわかりますか?

正解は6回戦ボクサー。
計算は3勝+1勝(引き分け0.5勝×2)で4勝になるんですね。

6回戦ボクサー

4回戦で4勝すると6回戦ボクサーになれます。

別名をB級と呼びます。

ここで、2勝を挙げると次のランクに上がれます。

8回戦ボクサー

6回戦で2勝すると8回戦ボクサーになれます。

別名をA級と呼びます。

この頃になると、戦績も10戦ぐらいになり、負けや引き分けが嵩むと15戦などになってキャリアが厚くなります。中には日本ランキングに入る選手が出てきたり。

このランク分けはA級が最高ランクになり、これ以降は何勝してもA級のままです。

プロになっていきなり6回戦からデビューする人もいる!?

上の段でプロテスト受けると基本的にはみんな4回戦からスタートする、、、と書きましたが、例外も存在します。

それは、高校のアマチュアボクシングで実績のある選手や、社会人ボクシングで実績がある選手。

そういった選手は飛び級で6回戦からのデビューになります。

これはある意味当然で、アマチュア上がりの選手はボクシング経験が豊富のため、アマチュア経験無しでプロになったばかりの選手とは 技術にかなり差があることが多いんです。つまり実力にかなり差がある。

これでは、実力が同じもの同士が戦って技術を競う「公平性」にかけるためこのような制度になっています。

タイトルマッチは何ラウンドあるの?

各ランクによって戦うラウンド数が変わると書きましたが、タイトルマッチはどうなんでしょうか?

主なタイトルマッチは規模によって3つに分けられます。

規模が小さい順に

日本タイトルマッチ(範囲は日本国内)

OPBFタイトルマッチ(範囲は東洋太平洋)

世界タイトルマッチ(範囲は全世界)

となり、世界に行くほど価値が高くなります。

そして、ラウンド数は下の通り。

日本タイトルマッチ 10R
OPBFタイトルマッチ 12R
世界タイトルマッチ 12R

ここであれ?って思った人はいないでしょうか?
タイトルマッチをできる選手はみんなA級なので、戦うラウンド数は8ラウンドでじゃないかと。

これは、タイトルマッチをするぐらいの選手になるとどちらも実力者なので、早いラウンドでは決着が付きづらいことが多いから。そのため特別な試合は10Rや12Rなどの長丁場なラウンドに設定されてるんです。

世界タイトルマッチではお互いの力が拮抗しているマッチメイクが基本なので、KO勝利は少ないことが多いんです。

逆に4回戦はお互い経験が少ないため、当たったもん勝ちのKO勝利が多くなる傾向があります。

それを踏まえると、今話題の井上尚弥選手は世界戦で早いラウンドに相手をバッタバッタとKOしているのを見ると、異次元の強さなんだと改めて思いますよね。怖

まとめ

今回は、ボクシングのラウンド制とボクサーのランク、そしてどうやったら上のレベルに上がれるか?などについて書きました。

いかがでしたでしょうか?
ボクシングのルールを知ると、テレビで観るときも一味違った見方になって面白いと思いますよ!では!

■その他のボクシング関連記事はこちら!

ボクシングジム選びで迷っている人向け!国内大手ジムを紹介!

2018.09.30

おやじファイトって何?30過ぎのボクシング大会

2018.09.03

ボクシングシューズの定番は?おすすめを紹介

2018.09.02

プロボクサーの休みっていつあるの?

2018.08.29

ボクシングでマウスピースが必要なワケ

2018.08.28

ボクシング初心者必見!練習にはこれを持っていけばOK!

2018.08.21

ボクサーとアルコールの関係 頭を打たれたらお酒は絶対ダメ!

2018.08.20

ボクサーに向いている?オルソケラトロジーを使った時の体験談

2018.08.18

ボクシングは目が悪くても出来るの?視力回復はオルソケラトロジーが有効!

2018.08.17

ボクシング グローブのオンスとは?おすすめの重さはどのくらい?

2018.08.10

ボクサーにバカな人が多いと思われるワケ

2018.08.08

ボクシング センスが無いと思った時の考え方

2018.08.06

ボクシングでセンスがある人ってどんな人?

2018.08.04

ボクシングのチャンピオンに挑戦する方法って?

2018.08.02

図解で簡単!ボクシングタイトルマッチの種類を解説!

2018.08.01

ボクシンググローブでおすすめなメーカーは?

2018.07.31

これでスッキリ!ボクシングの試合の基本ルールと採点基準を解説!

2018.07.26

ボクシングを始めるのに良い年齢は?

2018.07.25

ボクシングジムに入会する方法は?ジム選びは意外と重要!?

2018.07.20

ボクシング プロボクサーの仕事と収入ってどのくらい?

2018.07.18

ボクシングトレーニングメニューを公開!練習時間は以外と短い?

2018.07.14

プロボクシング ライセンスの更新と概要

2018.07.12

ボクシングのプロテストの内容公開!実際に受けるにはどうすれば?

2018.07.10

ボクシングの階級と体重一覧!1階級落とすのってどのくらい大変?

2018.07.07

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です