シャッターストックで販売した時の報酬額は?ダウンロードされたらいくら?

シャッターストックの報酬額




■このブログは2020年4月18日に書きました。

こんにちは!
ソバネコです。

このブログは、
元プロボクサーで現在デザイナーである、ソバネコがプロデザイナーの視点からデザインに関わることについて書いたブログです。

今回は、有料写真素材サイト シャッターストックで写真販売した時の報酬について詳しく書いています。

シャッターストックで写真を売った場合の報酬内訳

シャッターストック(以下SS)は写真を購入する他にも自分で写真を販売することもできます。

販売するには、会員登録して専用の販売画面から写真をアップする必要があります。
そのやり方についてはこちらに記事を書いたのでよかったご覧ください。

■ 実際に写真を販売した場合の報酬額内訳がこちら

寄稿者としての報酬総額 月額定額プランの画像 オンデマンド画像 (小/中) オンデマンド画像(全サイズ)
動画
$0~$500 $0.25 $0.81 $1.88
30%
$500~$3,000 $0.33 $1.07 $2.48
30%
$3,000~$10,000 $0.36 $1.17 $2.70
30%
$10,000以上 $0.38 $1.24 $2.85
30%

いかがでしょうか?これは1枚あたりの単価です。思ったよりも高い?安い?
個人的にはやすいかなーと思いました。

それでは項目ごとに見ていきましょう。

ランクは一番下からアップする

報酬には4つのランクがあります。

1ランク 0~500ドル
2ランク 500~3,000ドル
3ランク 3,000~10,000ドル
4ランク 10,000ドル以上

1ランクから2ランクへアップするには
500ドル=約50,000円以上の売り上げないといけないわけですね。

ランクがアップするごとに1枚あたりの報酬単価が上がるのでランクは上げたいところ。

シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

購入者のプランによっても報酬額が変わる

報酬額はランクで分かれる他に、
購入者が加入しているプランによっても変わります。

大まかに写真がダウンロードされたら

  • 月額定額プラン
  • オンデマンドプラン

の2種類で分かれます。

ただ、動画の購入の場合は一律30%になります。

定額プランで購入された場合

定額プランで購入された場合は、

寄稿者としての報酬総額 月額定額プランの画像
$0~$500 $0.25
$500~$3,000 $0.33
$3,000~$10,000 $0.36
$10,000以上 $0.38

となります。

定額プランは1枚あたりの単価が安いので、報酬額も安く設定されてますね。

1ランク(0〜500ドル)から2ランクへ上がるには定額プランだけだった場合、
1枚あたりの報酬が約25セントなので約2000枚以上売る必要があります。

オンデマンドプランで購入された場合

オンデマンドプランは報酬額が2種類に分かれます。
オンデマンプランには

  • 標準ライセンス
  • 特別ラインセンス

の2つがあり、購入者がどちらのプランでダウンロードしたかで報酬が変わります。

寄稿者としての報酬総額 画像サイズ (小 / 中) 画像サイズ(全サイズ)
$0~$500 $0.81 $1.88
$500~$3,000 $1.07 $2.48
$3,000~$10,000 $1.17 $2.70
$10,000以上 $1.24  $2.85

標準ライセンスの特別ライセンスの違い

2つのライセンスの違いは、特別ライセンスの方が写真を使用するときにより広い範囲に対応できること。

報酬額に関しては、画像の大きさに違いがあります。

オンデマンドプランはダウンロードできる写真のサイズが大、中、小と3つに別れており、

■ 標準プランで購入した場合

大サイズの画像を購入 特別プランとしてカウント
中サイズの画像を購入 標準プランとしてカウント
小サイズの画像を購入 標準プランとしてカウント

■ 特別プランで購入した場合

大サイズの画像を購入 特別プランとしてカウント
中サイズの画像を購入 特別プランとしてカウント
小サイズの画像を購入 特別プランとしてカウント

となります。

特別プランの方が標準プランよりも購入価格が高いので、報酬額も高くなります。

動画で購入された場合

動画で購入された場合はわかりやすく、どのランクでも一律30%が報酬です。

動画は写真と比べて制作に時間がかかるのと、まだそこまで作品数もないので一律なんじゃないかと思います。今後動画素材が充実するとランク別になるかもしれません。

シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

■ シャッターストックについてこちらもチェック!

写真素材サイト PIXTA(ピクスタ)とシャッターストックの特徴と比較を徹底解説!

2020.05.30

写真素材サイト PIXTA(ピクスタ)の使い勝手と特徴!評判についても解説!

2020.05.20

シャッターストックを無料で使う方法!お試しプランで賢く使おう!

2020.05.03

シャッターストック コントリビューターの報酬はペイパルからの入金がおすすめ!

2020.04.22

シャッターストックで販売した時の報酬額は?ダウンロードされたらいくら?

2020.04.18

シャッターストックのコントリビューターとは?写真販売方法や登録方法を解説!

2020.04.16

シャッターストックは1枚から購入できる?画像1枚あたりの単価も解説!

2020.04.10

シャッターストック エディターでブログタイトル画像が簡単作れる!写真で解説!

2020.04.07

シャッターストック 検索できない人必見!検索は画像検索で超時短に!

2020.03.29

シャッターストック ベクター画像購入方法!イラレが使えると表現の幅も広がる?

2020.04.04

シャッターストックのウォーターマークとは?使い方やお試しプランについて解説!

2020.03.29

シャッターストックで検索できない時はコレ!登録方法や料金も徹底解説!

2020.03.14

シャッターストックのお試しプランを無料で活用!始め方からキャンセルまで解説!

2020.03.22

シャッターストックはクーポンがお得!個人でもプリペイドでも使えて始め方も解説!

2020.03.28

まとめ

今回は、有料写真素材サイト シャッターストックで写真販売した時の報酬について詳しく書きました。

いかがでしたでしょうか?
副業でSSで写真販売を目指す人は1枚あたりの報酬単価は高くないので、質と共に量を重視する必要がありますね。 僕も時間ができたらどんどんアップしていきたいと思います!

シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です