シャッターストックは1枚から購入できる?画像1枚あたりの単価も解説!

シャッターストックは1枚から購入できる?画像1枚あたりの単価も解説!




■このブログは2020年4月11日に書きました。

こんにちは!
ソバネコです。

このブログは、
元プロボクサーで現在デザイナーである、ソバネコがプロデザイナーの視点からデザインに関わることについて書いたブログです。

今回は、有料写真素材 シャッターストックの画像は1枚から単品で購入できるのか?また1枚あたりの単価はいくらか?について書いています。

シャッターストックは1枚単位で購入が可能か?

シャッターストック(以下SS)でよく『写真を「1枚」単位で購入出来るか?』という質問を見かけます。

結論から言うと、SSでは写真を1枚単位で購入することはできません。

何故かというと、SSの料金支払い方式が月払いの定額制(サブスクリプション)がメインのため。なので、購入する時は月払いの定額制購入プランを選ぶ必要があります。

ただ、1枚だけは買えませんが定額プラン以外に、決められた枚数を前払いで購入できるプランもあります。

これを「オンデマンドプラン」といいます。

定額プランオンデマンドプラン

オンデマンドプランとは?

上の章でも説明したオンデマンドプランは前払いの買い切りプランで2種類あります。

画像5点 6,000円
画像25点 28,000円

1枚あたりの単価は25枚の方が安くなります。また、全部ダウンロードできなくても契約日から1年は履歴が残るのでその間に消化すればOK。

また、購入する場合はお得なクーポン無料お試しプランもあるのでこれらを利用すると費用を抑えられます。

シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

定額プランはどんな感じ?

定額プランも紹介しますね。このプランは基本的に目的が長期間使用なので、仕事で使う人や会社が多いです。

プランは大きく2種類あり、個人向けプラン(1人向け)と複数人向けプラン(2人以上)に分かれます。また、そこからプラン内で細かく分かれます。

わかりやくするために図を書きました。

定額プランの図

個人向けプランは大体フリーランスのデザイナーやブロガーなど、主に単独で活動する人がメイン。複数人向けプランは2人以上のデザイン会社や広告代理店などデザイン業界の会社でよく契約されています。

個人向けプランの特徴

個人向けプランの特徴

個人向けは3種類あります。一つづつ説明しますね。

1か月単位、継続契約なしプラン

契約は1ヶ月単位で支払いを行い、いつでもキャンセルできるプランです。

月ごとに支払うので、年間契約ではありません。その為、どのタイミングで解約してもOK。

画像点数 月に支払う費用 一枚あたりの単価
画像10点 6,000円 600円
画像50点 15,000円 300円
画像350点 25,000円 71円
画像750点 30,000円 40円

表を見てもわかるように、画像点数が多くなるほど、一枚あたりの単価は安いです。

年間プラン(月払い)

契約は年間ですが、支払いは月払いのプラン。

年間契約なので、解約するときは年の途中で解約するとキャンセル料がかかります。

画像点数 月に支払う費用 一枚あたりの単価
画像10点 3,500円 350円
画像50点 12,000円 240円
画像350点 22,000円 63円
画像750点 25,000円 33円

年間プラン(前払い)

契約は年間で、支払いが一括の前払いのプラン。

契約時に一括で支払う必要がありますが、
年間プランの中で1枚あたりの単価は一番安いのが魅力。

画像点数 一括払い 一枚あたりの単価
画像10点 35,000円 292円
画像50点 120,000円 200円
画像350点 200,000円 48円
画像750点 250,000円 28円

複数人向けプランの特徴

複数人向けプランの特徴

こちらは、使用者が複数人向けの契約です。このプランは基本的に会社で契約する場合がほとんど。主にデザイン会社で使うことが多いです。

そのため、ダウンロード数は750点のみで、使用者の人数で金額が異なります。

画像点数 月に支払う費用 使う人数
750点 42,800円 2人
750点 54,000円 3〜10人
750点 要問い合わせ  11人以上

定額プランの1枚あたりの単価比較

どの定額プランもまとめて購入するため、費用は割高ですが1枚あたりの単価で考えると、他の写真素材サイト(アフロやアマナ、ピクスタ)よりも断然安いです。

プランごとの1枚あたりの単価を見ていきましょう。

定額プランの比較表

こうしてみると、1人で使う場合は「年間プラン(前払い)」の1枚あたり28円が一番安いですね。前払いってのが厳しいですが、、

これに加えて、上の章で解説したクーポン無料お試しプランなどを絡めるとさらにお得に使えます。

シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

■ シャッターストックについてこちらもチェック!

写真素材サイト PIXTA(ピクスタ)とシャッターストックの特徴と比較を徹底解説!

2020.05.30

写真素材サイト PIXTA(ピクスタ)の使い勝手と特徴!評判についても解説!

2020.05.20

シャッターストックを無料で使う方法!お試しプランで賢く使おう!

2020.05.03

シャッターストック コントリビューターの報酬はペイパルからの入金がおすすめ!

2020.04.22

シャッターストックで販売した時の報酬額は?ダウンロードされたらいくら?

2020.04.18

シャッターストックのコントリビューターとは?写真販売方法や登録方法を解説!

2020.04.16

シャッターストックは1枚から購入できる?画像1枚あたりの単価も解説!

2020.04.10

シャッターストック エディターでブログタイトル画像が簡単作れる!写真で解説!

2020.04.07

シャッターストック 検索できない人必見!検索は画像検索で超時短に!

2020.03.29

シャッターストック ベクター画像購入方法!イラレが使えると表現の幅も広がる?

2020.04.04

シャッターストックのウォーターマークとは?使い方やお試しプランについて解説!

2020.03.29

シャッターストックで検索できない時はコレ!登録方法や料金も徹底解説!

2020.03.14

シャッターストックのお試しプランを無料で活用!始め方からキャンセルまで解説!

2020.03.22

シャッターストックはクーポンがお得!個人でもプリペイドでも使えて始め方も解説!

2020.03.28
シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

まとめ

今回は、有料写真素材 シャッターストックの画像は1枚から単品で購入できるのか?また1枚あたりの単価はいくらか?について書きました。

いかがでしたでしょうか?
SSは画像を1点では購入できないですが、1点あたりの価格は他サイトと比べるとかなり破格だと思います。写真素材を頻繁に使う人は検討してみては!?

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です