シャッターストックのコントリビューターとは?写真販売方法や登録方法を解説!

シャッターストックのコントリビューターとは?写真販売方法や登録方法を解説!




■このブログは2020年4月18日に書きました。

こんにちは!
ソバネコです。

このブログは、
元プロボクサーで現在デザイナーである、ソバネコがプロデザイナーの視点からデザインに関わることについて書いたブログです。

今回は、有料写真素材 シャッターストックについて書いています。

シャッターストックで写真を販売できるの?

写真素材サイトのシャッターストック(以下SS)は、写真を購入する以外に写真を自分から売ることもできます。

この制度をSSでは「コントリビューター」と呼びます。

また、売れる素材は写真以外に動画やイラストもOKですが、今回は写真について書きます。
写真 / ベクター画像 / イラスト / 動画

上記の素材なら販売できます。

シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

報酬はどのくらい?

報酬は自分の写真が利用者にダウンロードされた場合に発生される仕組みです。

シャッターストックの報酬の図

そして、寄稿者(写真を売った人)に入る費用はこちら。

寄稿者としての報酬総額 月額定額プランの画像 オンデマンド画像 (小/中) オンデマンド画像(全サイズ)
$0~$500 $0.25 $0.81 $1.88
$500~$3,000 $0.33 $1.07 $2.48
$3,000~$10,000 $0.36 $1.17 $2.70
$10,000以上 $0.38 $1.24 $2.85

寄稿者にはランクがあり、自分がどのくらい写真を販売したかで報酬が変わります。
SS内で売れば売るほど、1枚あたりの単価は上がっていくんですね。

例えば、自分の写真が初めて売れた場合、ランクは「$0~$500」です。「月額定額プランの画像」が売れたら、

1枚あたり「$0.25」=「約26円」!

う、うーん。。。これは、安いのか高いのか??
かなりの数を裁かないとなかなか難しい印象です。

SSでしっかりと収益を出すなら、使える画像をたくさん投稿する必要がありますね。

販売した時の詳しい報酬単価はこちらにまとめました。よかったらご覧ください。

販売するには登録が必要

では実際にコントリビューターになって、写真を販売するにはどうすればいいでしょうか?

販売するにはSSに登録する必要があるので、順を追って説明します。
※登録は無料なので安心してください。

❶ SSのTOP画面右上の「素材の販売」をクリックする。

シャッターストックの素材の販売手順-1

作品を投稿する「コントリビューター」側の画面に移動します。

❷ 右上の「登録」か「利用開始」を押します。

シャッターストックの素材の販売手順-2

❸ 名前とメアド、パスワードを入力します。

【注意】 名前の入力は「ローマ字」で、苗字→名前の順に入れます。漢字だと弾かれます!

シャッターストックの素材の販売手順-3

❹ 住所を入力します。

【ここでも注意】 住所も全て「ローマ字」で記載します。ローマ字での住所記載方法がわからない場合、こちらのサイトがわかりやすいので使ってみてください。

シャッターストックの素材の販売手順-4

❺ 問題なく住所が入力できたらこの画面に!ここで「ダッシュボード」をクリックします。

シャッターストックの素材の販売手順-5

❻ これがダッシュボード画面です。

シャッターストックの素材の販売手順-6

左上に「shutterstock contributor」と書いてありますね。この画面から画像をアップできます。

2020年4月の状況

ダッシュボードを見ると、ここでも新型コロナの影響が出てます。

新型コロナの影響

通常、写真をアップロードして審査をすると早いときはすぐに審査結果が出るんですが、今は新型コロナの影響で通常よりも数倍、審査に時間がかかります。

また、新型コロナの影響かはわかりませんが、自分が投稿できる写真お数にも制限がかかっています。

一時的な状況だと思いますが、これから写真を投稿して頑張るぞ!思っている人は気長にやったほうがいいかもしれません。

シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

まとめ

今回は、有料写真素材 シャッターストックの画像は1枚から単品で購入できるのか?また1枚あたりの単価はいくらか?について書きました。

いかがでしたでしょうか?
SSは画像を1点では購入できないですが、1点あたりの価格は他サイトと比べるとかなり破格だと思います。写真素材を頻繁に使う人は検討してみては!?

シャッターストックのバナー広告 シャッターストックのバナー広告

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です